清里町発祥の地碑




清里町発祥の地碑  ← 記事に飛びます

1857(安政4)年堀田備中守の家臣須藤秀之助外2名が村(現・清里町)を探検、これが文献に現れた和人最初の足跡といわれている。窪田子蔵著の協和私役には「カムイノミウシビラニ至リ宿ス。斜里ヨリ五里一丁番屋アリ小狭ナリ、旅人ノ止宿に供ス」と記されている。番屋は斜里川と札弦川の合流地点から6kmほど隔たった付近にあったものと推測される。その後塚本伊勢太氏が駅逓管理人を退任し、神威10線21号に転住入地したのが清里町の和人定住のはじまりとされている。
スポンサーサイト

清里町郷土資料館




清里町郷土資料館   ← 記事に飛びます  

定期的に開設されているようではないので、予約をしてから出かけるのがいいだろう。

旭川市 らーめん専門まる長




らーめん専門まる長  ← 記事に飛びます 

1964(昭和39)年創業である。以前は7条6丁目で営業していたが、1986(昭和61)年頃に現在地に移転した。

小清水町郷土資料館




小清水町郷土資料館  ← 記事に飛びます 

小清水町立旭野小学校は2012(平成24)年3月に廃校となったため、石造倉庫(以前の郷土資料館・私鉄北見鉄道 小清水駅跡)施設に収蔵していた郷土資料等を展示している。

私鉄北見鉄道 小清水駅跡




私鉄北見鉄道 小清水駅跡   ← 記事に飛びます 

北見鉄道は、かつて斜里郡小清水町にあった鉄道事業者で、同社が運営する鉄道路線で、止別~小清水を結んでおり、釧網線の止別にも同様の私鉄北見鉄道分岐点跡が存在する。

小清水町 開拓顕彰之碑(美和)




開拓顕彰之碑(美和)    ← 記事に飛びます

1918(大正7)年頃、現在の小清水神社辺りから役場裏、西は神浦部落との境界付近までの辺りに、吉野恒三郎、松本俊治、安田藤作の三人が共同で経営にあたった。
総面積は240町8反(約240ha)余り、現場責任者は片平亀吉氏。第一次開拓者である17戸、第二次入植者4戸により経営された。

小清水町 横道彦吉翁銅像




横道彦吉翁銅像  ← 記事に飛びます 

横道彦吉氏は、初の名誉町民としての栄誉を永く後世に伝えるため等身大の銅像を建立した。

小清水町 男山伊弥登牟多主命の碑




男山伊弥登牟多主命の碑  

神浦墓地に入る入り口に碑がある。男山イヤトムタが住んでいた辺りで、現在のイチヤンパオマナイ川と浦士別川の合流より上流である。

旭川市 宝来軒




宝来軒  ← 記事に飛びます 

北海道教育大学旭川校の近くにあることから時間になると若者で満席になる。昭和の感じがたまらない店舗は食堂と言った雰囲気だ。

ひがしもこと乳酪館




ひがしもこと乳酪館  ← 記事に飛びます

村営の東藻琴活性化施設である「ひがしもこと乳酪館」は、地域で生産される乳を活用して乳製品の開発・製造、製造体験、見学、販売など、都市と農村の交流を行う施設として1996(平成8)年10月にオープンした。
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール

nomaru

Author:nomaru
北海道応援サイト!がんばれ北海道!!
富良野出身の管理人が北海道の情報を、自分の足で現地に赴き、見て食べて感じ。
運営しているHPの更新情報をメインに載せていきます。
追加記事などは、HPの下部にてお知らせしますので御理解ください。



カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
3050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
285位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QR
アクセスカウンターメンタルヘルスきせかえ