天塩運上屋跡




天塩運上屋跡 ← 記事に飛びます

ここ運上屋は主に天塩場所の事務所として利用された。使用人はアイヌがほとんどで、後に菊地和三郎が番人となる。
建物は、1912(大正元)年まで現存していたが、風で屋根が飛ばされ危険と判断され、取り壊され現在は民家となっている(裏手に標柱があるだけで案内板などはない)。1982(昭和57)年1月に天塩町文化財に指定された。
スポンサーサイト

天塩町 厳島神社址




厳島神社址  ← 記事に飛びます

碑は、1942(昭和17)年9月に建立。
天塩厳島神社は、1804(文化元)年9月栖原屋の支配人(栖原彦兵衛)天塩台地に小堂を建て弁財天をまつる。これが厳島神社の創始である。

天塩町開基100年記念碑




天塩町開基100年記念碑  ← 記事に飛びます


開基100年記念碑は、天塩いつくしま公園内にある碑で、そばには天塩厳島神社があり、園内には柏林が残されていて鎮守の森という雰囲気。

幌延町 オトンルイ駅逓所跡




オトンルイ駅逓所跡  ← 記事に飛びます 

幌延町が開基100年事業として設置した駅逓跡の碑がある。当時は天塩郡沙流村字オトンルイで、設置は1899年(明治32)年3月24日。廃止は1929(昭和4)年6月30日。初代取扱人は定平平太郎。この駅逓は、天塩駅から3里8町、稚咲内駅から3里の所に位置する。

豊富町 言問の松




言問の松   ← 記事に飛びます

サロベツ原野の端、兜沼の西岸の道道763号兜沼豊徳線沿いに大木が立っていて、樹齢1200年とも言われるイチイの木がある。

幌延町 下サロベツ駅逓所跡




下サロベツ駅逓所跡  ← 記事に飛びます 

この下サロベツ駅は、天塩郡幌延村字下サロベツに、1907(明治40)年4月に設置された。

大曲駅逓所跡


 

大曲駅逓所跡  ← 記事に飛びます

大曲駅逓所は、大曲に1911(明治44)年12月に設置された。この大曲駅逓所は天塩駅から5里22町、オノブナイ駅から4里18町に位置し、下サロベツ駅から2里15町の所にあった。1911(明治44)年、赤松小太郎が入植し、官設駅逓大曲の取扱人となる。廃止は1926(大正15)年7月である。

天塩町 雄信内渡船場跡




雄信内渡船場跡  ← 記事に飛びます

雄信内原野は、駅逓や天塩川の渡船場があり、交通上の要衝であった。この雄信内(オヌプナイ)地区は、1900(明治33)年に秋田県人の泉波為治が小作人数人と入植したことに始まる。

天塩町 松浦武四郎宿営地 オンカンランマ




松浦武四郎宿営地 オンカンランマ    ← 記事に飛びます

6月8日、サコカイシから出発する。ウフシテ(左川、天塩町産士)~オンカンランマ(平地、幌延町安牛)で野宿する。

幌延町 松浦武四郎宿営地 サコカイシ




松浦武四郎宿営地 サコカイシ← 記事に飛びます

ホロッヌプ(岬、天塩郡幌延町)、キウシナイ(右川)を過ぎて、サコカイシ(小川の上の沼、天塩町作返)で野宿する。
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

nomaru

Author:nomaru
北海道応援サイト!がんばれ北海道!!
富良野出身の管理人が北海道の情報を、自分の足で現地に赴き、見て食べて感じ。
運営しているHPの更新情報をメインに載せていきます。
追加記事などは、HPの下部にてお知らせしますので御理解ください。



カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
2382位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
228位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QR
アクセスカウンターメンタルヘルスきせかえ