宗谷護国寺跡




宗谷護国寺跡


徳川幕府は新しい寺院の建立を禁じていたが、1802(享和2)年、蝦夷地に5つだけ寺を建立することを許可した。
秋田の藩士たちが駐屯する際に、先に建立されていた有珠善光寺の住職「性誉仙海」と宗谷場所請負人藤野家の宗谷支配人粂屋八右衛門らによって、1856(安政3)年、幕府直轄の浄土宗の寺院が建てられ、正式名は泰平山松寿寺護国寺。現在の「宗谷護国寺」である。
1912(明治45)年、宗谷護国寺は一度焼失し位置を変え、1950(昭和25)年に再建された。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

nomaru

Author:nomaru
北海道応援サイト!がんばれ北海道!!
富良野出身の管理人が北海道の情報を、自分の足で現地に赴き、見て食べて感じ。
運営しているHPの更新情報をメインに載せていきます。
追加記事などは、HPの下部にてお知らせしますので御理解ください。



カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
2014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
197位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QR
アクセスカウンターメンタルヘルスきせかえ