音威子府発祥の地




音威子府発祥の地

音威子府村(おといねっぷむら)は、上川地方北部に位置する村で、北海道内で最も人口の少ない自治体である。
総面積の80%は森林で占められており、豊富な森林資源を生かした工芸による村おこしを推進し、「森と匠の村」と標榜している。
地名はアイヌ語の「オ・トイネ・プ」(河口・土で汚れている・もの)または(濁りたる泥川)(漂木の堆積する川口)に由来し、音威子府川が天塩川に合流する地点が泥で濁っていたことからの命名とされる。
国道40号線から裏手にあるので目立たない、碑ではなく看板が建つだけ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

nomaru

Author:nomaru
北海道応援サイト!がんばれ北海道!!
富良野出身の管理人が北海道の情報を、自分の足で現地に赴き、見て食べて感じ。
運営しているHPの更新情報をメインに載せていきます。
追加記事などは、HPの下部にてお知らせしますので御理解ください。



カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
2457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
227位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QR
アクセスカウンターメンタルヘルスきせかえ