遠別町郷土資料館




遠別町郷土資料館  ← 記事に飛びます 

郷土資料館には職員が常駐していない為、来館を希望される方は、見学日の3日前~1日前までに遠別町教育委員会 01632-7-2353 に連絡し予約する必要があるので注意してほしい。

日本最北端の線路




日本最北端の線路   ← 記事に飛びます

日本最北端の線路として存在した車止めとレールは、稚内市がJR北海道より寄贈を受け当時の記憶を継承するモニュメントとして、旧駅舎時代に最北端であった元の位置へ2012(平成24)年3月に復元した。

稚内市 抜海岩陰遺跡




抜海岩陰遺跡  ← 記事に飛びます

抜海市街地のはずれ、別名「抜海岩」とも呼ばれ、高さは 約30mほどの小山がある。

遠別町 水稲発祥の地碑




遠別町 水稲発祥の地碑  ← 記事に飛びます 

日本最北の稲作地帯でもある遠別町の共栄地区には水田を背に「水稲発祥之碑」が建てられている。

手塩駅逓跡




手塩駅逓跡  ← 記事に飛びます 

手塩には江戸の末期から駅逓があったようで水戸藩が人馬継立を行っていたようであるが、開設は1872(明治5)年。

天塩川歴史資料館




天塩川歴史資料館  ← 記事に飛びます

天塩町の中心街、旧道沿いにある「赤レンガ」として親しまれてきた、レンガ造りの建物が天塩川歴史資料館だ。北海道の役場庁舎には珍しい作りと言える。1951(昭和26)年に役場庁舎として建設され、天塩町役場として使用されたが、1979(昭和54)年9月に新庁舎が建設され役場は移転し、旧役場庁舎を整備し、1989(平成元)年6月からは天塩川歴史資料館として利用されている。

天塩運上屋跡




天塩運上屋跡 ← 記事に飛びます

ここ運上屋は主に天塩場所の事務所として利用された。使用人はアイヌがほとんどで、後に菊地和三郎が番人となる。
建物は、1912(大正元)年まで現存していたが、風で屋根が飛ばされ危険と判断され、取り壊され現在は民家となっている(裏手に標柱があるだけで案内板などはない)。1982(昭和57)年1月に天塩町文化財に指定された。

天塩町 厳島神社址




厳島神社址  ← 記事に飛びます

碑は、1942(昭和17)年9月に建立。
天塩厳島神社は、1804(文化元)年9月栖原屋の支配人(栖原彦兵衛)天塩台地に小堂を建て弁財天をまつる。これが厳島神社の創始である。

天塩町開基100年記念碑




天塩町開基100年記念碑  ← 記事に飛びます


開基100年記念碑は、天塩いつくしま公園内にある碑で、そばには天塩厳島神社があり、園内には柏林が残されていて鎮守の森という雰囲気。

幌延町 オトンルイ駅逓所跡




オトンルイ駅逓所跡  ← 記事に飛びます 

幌延町が開基100年事業として設置した駅逓跡の碑がある。当時は天塩郡沙流村字オトンルイで、設置は1899年(明治32)年3月24日。廃止は1929(昭和4)年6月30日。初代取扱人は定平平太郎。この駅逓は、天塩駅から3里8町、稚咲内駅から3里の所に位置する。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

nomaru

Author:nomaru
北海道応援サイト!がんばれ北海道!!
富良野出身の管理人が北海道の情報を、自分の足で現地に赴き、見て食べて感じ。
運営しているHPの更新情報をメインに載せていきます。
追加記事などは、HPの下部にてお知らせしますので御理解ください。



カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
3291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
307位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QR
アクセスカウンターメンタルヘルスきせかえ